OSAKA HOTEL COLLEGE 学校法人トラベルジャーナル学園 大阪ホテル専門学校

MENU

大阪ホテル専門学校が選ばれる5つの理由 Five Reason

01

卒業生

国内外のホテル・
サービス業界で活躍する
4万6000人の卒業生。

「ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪(姉妹校)」のホテル科が独立する形で開校したのが、大阪ホテル専門学校です。姉妹校同様、圧倒的な就職への強さを誇るのには理由があります。それは、なんといっても4万6000人以上の卒業生がつくり上げたトラベルジャーナル学園のブランド力。日本全国のホテルはもちろん、海外の有名ホテルで活躍する卒業生もおり、業界との厚い信頼関係を築く強力なパイプ役となって本校を支えています。

※東京校と合算

02

講師陣

ホテル業界出身の
先生たちが教える
“本物のホスピタリティ“。

先生たちは、全員がホテル業界経験者。実際に現場で働いていたからこそわかる知識やプロの技術など、教科書だけでは学べないさまざまな事柄を教えてくれます。

何より、現場を知るプロフェッショナルでなければ伝えられないのが、「ホスピタリティ」の大切さです。「相手を思いやり、相手の立場に立って行動する気持ち」であるホスピタリティは、サービスの世界で働くうえで何より重要なことです。本校では、「事例から考えるホスピタリティ」「サービスとホスピタリティの違い」など、独自のカリキュラムを通して、ホスピタリティについてしっかりと授業のなかで学び、理解し、行動できる力を養っていきます。

03

学び

現場に限りなく近い環境で、
即戦力となる学びを
積み重ねていく。

フロント、客室、レストラン、バー、バンケット、和室まで。本校では、ホテル内のさまざまなシチュエーションを再現したリアルな実習室を設置。実際の現場に近い状況で学ぶことが、プロへの近道となります。
また、有名ホテルとタッグを組んでのコラボレーション授業やマナー研修、レストラン営業なども実施。業界とのつながりが強い本校だから、ホテルとの連携による取り組みを多数実現しています。

04

実習

企業実習(昼間部)によって、
実際のホテルが学びの場に。

「学生のうちから現場にふれる経験をたくさんしてほしい」。そうした想いのもと、現場主義の学びを大切にするトラジャルでは、連携するホテルの協力のもと、「本物のホテル」で「実際のお客様」を相手にした実習を行っています。これらは、授業で学んだ”おもてなしの心“を実行に移す絶好のチャンスでもあります。
夜間部生は、昼間に憧れのホテルで給与を得ながら現場経験が積める「夜間部企業紹介サポート」を利用できます。

05

留学

アメリカ・台湾への
留学で異なる
言語・文化にふれる。

本校では、アメリカ・台湾で1年間学べる留学プログラムを展開しています。英語や中国語を現地でしっかりと学び、異なる文化を背景に持つ人々と交流する経験は、就職活動に有利に働くことはもちろん、将来的にも大きな財産となるでしょう。